8.30代の婚活

30代というと、婚活をしている方の多くの年齢になります。20代は結婚どころではなく、自分の趣味を楽しんだり、仕事で自分の力を発揮できる方が楽しかったりしてきました。そして恋愛をしながらもそれは結婚に結びつくものというよりも、自分の生活を充実させたり、ハリのある毎日を送るためのカンフル剤にしたりするようなものであって、結婚をして自分を落ち着かせるためのものではありませんでした。ところが30代になると、仕事の上でもある一定の地位についたり評価されたりするようになって、ある程度の結果も出したことになります。そしてまた仕事の壁にぶつかったりするようにもなり、20代の頃とは仕事に対する気持ちに変化が起きるようになってきます。そして30代になると、特に女性には出産をするということが気になる年代となってきます。30代のうちに出産を経験しておかないと、その後の体への負担が大きくなりますし、妊娠、出産にリスクを伴う確率が高くなっていってしまいます。子どもが欲しいという気持ちがないということはありませんから、30代ともなると女性は焦りを感じ始めるようになります。また30代の男性にとっては、仕事では一定の評価を得られるようになって家庭の落ち着きを求めるような余裕が出てくるころになります。それなりの収入もあるようになると、ようやく次の段階である結婚も視野に入れられるようになってくるということです。
こういった状況から、30代の婚活は非常に盛んに行われるようになります。そのような30代の婚活に特徴的なこととしては、恋愛をするというよりも結婚をすることへ向かって直線的に進む婚活をしているということがあります。20代のうちですと、婚活といっても出会いを求めるという要素の方が強いのですが、30代の婚活では、恋愛をして時間を使ったり、駆け引きを楽しんだりするよりも、結婚に向けて具体的に勧めるかどうかということの方が大きく影響してきます。そのため、男女ともに実際にともに生活をするということを前提とした条件を、異性に対して設定するようになってきます。
30代の男性というのは、婚活においては非常に適齢期で、人気もある年代です。それは、仕事もある程度落ち着いてきているため、収入に対するめどが立ちやすいということと、若さも落ち着いてきているのでゆとりや頼りがいを求められるようになるということがあります。ただ、30代の男性側では、恋愛に自信がなかったり異性と話す機会が少なかったりして、積極的に行動できないという気持ちでいることがあります。また30代の男性ともなると、若さゆえの勢いも衰えを見せて、なかなかやり直しがきかなくなるという気持ちも働くため、断られることを恐れる気持ちが強くなってきてもいます。ですから、30代男性は自信を持てるものを見つけたり趣味を楽しんだりするという自分磨きも行いながら婚活を進めていくことをお勧めします。
一方で30代女性は、焦りを感じ始めている年代になります。若い女性の方が人気があるという傾向もあるため、何とか結婚をしたいけれど相手がいないのではないかという気持ちがあるからです。しかし、婚活に影響するのは年齢というよりも、人柄や男性と接するときにスタンスです。今まで仕事をしてきたりいろいろな経験を重ねてきたからこそできる男性の支え方や受け入れ方もあるでしょうし、落ち着きも出せることでしょう。不自然に若さを作ってアピールするよりも、それまで経験してきた中で培われてきた自分に自信を持って、相手を尊重する気持ちを大切にすれば、30代という年齢はハンディキャップにはなりません。ただ、30代女性が婚活をする際に提示する条件については、よくよく検討をする必要があることがあります。今までの自分の仕事状況や収入の状況、趣味や自分の時間の過ごし方を壊さずに、しかも結婚もできるだけ自分の理想通りにしたいという気持ちもある30代女性の婚活では、非現実的な理想や条件の設定にこだわることが多くあります。結婚したいといいながらも、結婚しにくい状況に自分を追い込んでいるということです。ですから、30代女性は今までの自分に自信を持ちながらも、結婚に対して何を望んでいるのかということをよくよく検討する必要があります。

30代は、男女ともに婚活の最盛期ですから、その辺の事情をよく踏まえておくとよいでしょう。

Favorite

TopBuzz

Last update:2018/9/7