9.40代の婚活

40代ともなると、婚活の状況は30代とは全く違ったものとなってきます。そもそもまずは、40代になって婚活をしようと思い、実際に行動するにはエネルギーが必要になるということです。でも一人での老後は過ごしたくないとか、子どもをあきらめずにいたいという気持ちが、40代からの婚活を始めさせている要因となっています。もちろん、40代からの婚活は全くうまくいかないということはありません。実際に婚活を始めてみるまでにはエネルギーがいるけれど、婚活を始めてみれば、思いの外楽しんで婚活できることに気付くことでしょう。
40代の婚活で重要になってくるのは、メールや出会いなどをインターネットで求めたりするのではなく、実際に会って時間をかけて自分を知ってもらうということです。40代というのは、もし未婚の方なら、婚活の上では、それまでの間に結婚できなかったということには何か問題があるからではないのかということが気にされますし、一度結婚に失敗した方なら、結婚に失敗したことには何か家庭に向かない理由があったのではないかということが気にされます。ですから、40代まで結婚しないもしくはできないでいた理由や、40代になってもう一度結婚したいと持った理由が明確に自分の中にあるということがポイントになってきます。そしてそのことで相手の方を安心させることができたら、40代の婚活にとっての大きなハードルは一つクリアできたといえることになるでしょう。そのためにも、メールやインターネットで出会いを数多く重ねるというよりも、40代からの婚活には実際に会って話をするということが重要になってきます。ですから40代からの婚活では、お見合いパーティーや習い事での出会いが重要な婚活の方法となってきます。最近頻繁に行われるようになって人気のある婚活スタイルに、ゴルフコンパやテニスコンパがあります。これは、ゴルフやテニスといったスポーツを通じて男女が知り合って話をするようになる機会を設けるというものです。このようなスタイルの婚活方法は、40代の方にとっては非常に有効な婚活の方法です。自分の技術を教えたり見本を見せたりすることで、異性からはすごいと思われるようになりますし、ゴルフやテニスという事柄を通すので、話もしやすくなります。そして話のきっかけをつかめれば、じっくり話を進めていくことで自分の良さを知ってもらうこともできるようになりますし、40代で婚活をしている理由についても話をすることができます。
一方で、40代の方の婚活は、男性と女性によってかなり変わるということがあります。40代の男性にとっては、婚活をしても対象となるのは年下の女性なので、自分の年齢については、なぜ40代で婚活をしたいのかということくらいしか問題になりません。しかし40代の女性にとっての婚活では、男性は女性に若さを求める傾向がありますので、非常にハンディキャップを負っていることになります。また子供が産めるかどうかということも問題になりますから、男性にとっては子供を産めないかもしれない方と結婚をするということを考えてもらう必要が出てくることになります。そのような40代の女性にとっての婚活は、相手となる対象を未婚の方に絞るか、再婚の方も含めるかということが大きなポイントとなります。再婚の方を含めるとなると、養育費の問題や子供の親権のことなどが問題になってきますから、それはそれで解決すべきこともあります。ただし、再婚の方も婚活の対象として含めれば、人数がぐっと増えるというのも事実です。ですので、40代女性の婚活では、「選択が重要だ」とよく言われます。これは、未婚の方に絞るか、再婚の方も含めるかという選択です。

どちらのしても、幸せな結婚生活を送るためには、深く知り合う機会を設けるということが40代の婚活にとっては重要なポイントとなることは間違いないでしょう。


recommend


訪問マッサージ フランチャイズ



最終更新日:2019/6/25