3.結婚できない訳

結婚したいけれどできないという理由は様々ですが、特に男性と女性とでは理由が大きく異なるようです。
<男性が、結婚したいけれど結婚できない理由>

  • 経済的余裕がない・・・結婚資金はもちろん、結婚後の安定した収入に対する不安もあるため、結婚したいけれど結婚できないという理由です。これは、職業形態が正社員ではなく非正規社員である場合が増え、将来的な金銭的な見通しを立てることができないという状況を反映しています。一定の収入が確保できたら結婚したいと思う方も大勢いらっしゃるようですが、実際のところは収入の確保が難しい上に、そこまでして結婚したいという気持ちが希薄になっているということも影響しているようです。
  • 勇気がない・・・これは、プロポーズをする勇気がないということです。結婚をしたいし、結婚を考えている相手がいるにもかかわらず、プロポーズをして断られ、自分が傷つくことを考えると、プロポーズをしないで現状のお付き合いのままでいたほうがいいと考える場合です。ただしこういった場合、多くは、女性側が男性に結婚する気持ちがないという判断をし、そのまま別れてしまうということが多くあります。そのため、結局男性は結婚できないまま、タイミングもつかめず、ずるずると時を過ごしていくことになるというケースです。
  • 結婚のメリットがわからない・・・以前は結婚をすれば家事全般は女性がするものとなっていましたし、性的な欲求についても結婚相手が重要なパートナーとなっていました。しかし現代では、家事の電気器具も素晴らしいものがそろっていますし、食事も外食やお弁当等でおいしく栄養バランスよく摂取できるようになっています。さらに性的な欲求も、お金を出せば満たすことができるようになっています。そのため、結婚はしてみたいけれど、そのメリットがわからないから結婚しないという方が増えてきています。自分ひとりで自分のペースで生活できているのに、それを崩す必要性がわからないということでしょう。ただ、以前と少し違ってきていることに、男性も子供が欲しいと思っている方が増えてきているということがあります。結婚のメリットには子どもがいるということが、男性にとっても一般的な概念となる日も近いのかもしれません。

<女性が、結婚したいけれど結婚できない理由>

  • 理想が高い・・・理想が高いというと、収入や身長、学歴、社会的地位など様々な条件がありますが、現代の結婚相手への理想が高い女性というのは、決して本人としては無理難題を言っているつもりはないということがあります。なぜなら、結婚したいけれど結婚できない女性はある程度のキャリアを築き上げてきた30代以降の方に多いのですが、そのような女性にとっては、今ある生活レベルや自由に使える時間とお金を結婚後も維持させるには、それくらいの条件は必要だと考えている方が多いからです。それくらいの条件とは、年収600万円以上でお休みの時にはしっかりと休みが取れ、家事や炊事はある程度免除してもらえるというようなものです。しかも自分より年上だけれどそんなに離れていて欲しくはないという希望もあるため、さらに結婚対象となる相手が絞られてしまい、結婚したいけれど結婚できない状況に追い込まれているということがあります。
  • 自由な時間を削りたくない・・・結婚をすると、家事や炊事、子どもができれば育児に追われるようになります。もしそれらの事柄は好きだから積極的にやるという方がいらしたとしても、独身時代に自由気ままに過ごしていた時間の使い方と、結婚後に結婚相手とともに過ごす時間の使い方では、大きく変わってしまうのが普通です。結婚したいけれど結婚できない女性の中の多くは、独身時代は好きな時間を好きなように、自由に時間を使ってきているため、結婚後もそれらの自由は確保したいという気持ちがあります。しかし現実的に結婚をしてしまえば、それらの確保は非常に難しいものです。そのため、それらの自由な時間を削るくらいなら結婚を先延ばしにしたいと考える方もいらっしゃいます。
  • 自然な流れの中で出会いたい・・・結婚相手に対して、いろいろな理想や条件はあるけれど、できれば自然に出会いがあることを望んでいるため、なかなか出会いが増えないということがあります。

Valuable information

2019/8/20 更新