5.婚活の長所と短所

一時期のブームは過ぎたものの、一般の生活に定着している感じのある婚活ですが、婚活にはメリットもデメリットもあります。
婚活の最大のデメリットは、費用が掛かるということです。結婚相談所に登録した場合には新規登録料がかかりますし、お勧めの異性をすると一定料金がかかるようになっていたり、お見合いパーティーやサークル活動などを参加するたびに、参加費がかかっていたりします。ですから、多い人では婚活に数百万かかったという方もいらっしゃいます。また婚活サイトや結婚相談所としては、長く登録しておいてくれた方が、その分売り上げが上げられます。ですから、多くの結婚相談所が婚活にかかる期間が長いほうがいいと思って、なかなか親身になって相談に乗ってくれるアドバイザーがいなかったり、紹介をしてくれる頻度が低かったり、理想と違っているのに勧められたりするということが起きており、トラブルの原因ともなっています。
その他婚活のデメリットとしては、婚活をしているということを公にするには、まだ恥ずかしいような、なんとなく公表したくないような気持ちが働くということがあります。例えば会社で「婚活をしている」ということが公になったとしたら、結婚にがつがつしているようなイメージをもたれるかもしれないし、女性だったら特に、そのようなことははしたないとみられることがあるかもしれません。また会社で噂話のもととして名前が挙がってしまうことがあるかもしれません。まだ日本では結婚は自然の流れの中でできるものだという既成概念が一般的なので、特に女性が待っているだけでなく積極的に結婚しようと婚活をしているということがあからさまになると、噂の対象になる可能性もあります。そういったことは、婚活を積極的にすることを避けさせることになり、せっかく結婚をしたいという思いがあるのにそれをかなえられないという状況へ落ち込んでいくかもしれません。
しかし結婚をしたいのなら、婚活をするということには非常に大きなメリットがあります。婚活の最大のメリットは、効率よく理想の相手に会える可能性が高いということです。もし婚活をしないで、たまたま知り合った人とお付き合いをしているとしたら、自分は結婚をしたいと思っていても相手が結婚を望んでいるかどうかということがわかりません。しかし口に出して「結婚したい?」と聞くのも勇気がいりますし、結婚したいということを自分だけが思っていたとしたら、結婚につながらない一時のお付き合いをしているということになってしまいます。ですから結婚をしたいと思っている方にとっては、いわば時間の無駄遣いのようになってしまうのです。しかし婚活をしているということで出会いの場を設けたりしていれば、あえてお互いに結婚したいかどうかということを口に出して聞かなくても、結婚したい気持ちが二人ともあるということがわかります。そして、婚活ではなく男性とお付き合いをしている場合には、結婚をしたいとお互いに思っていたとしても、経済的な面や結婚相手に望むことなどは改まって聞きにくい事柄です。ですから、その辺をうやむやにしたまま結婚生活に入ってしまうということもあります。そして結婚後に相手の経済観念や理想の結婚像を知ったとすると、もし合わなかった場合にやり直すということが非常にエネルギーを必要とするものになります。しかし婚活で出会うのであれば、あらかじめ条件の一つとして年収を確認しておくこともできますし、希望する結婚像というものも明らかにすることができます。聞きにくいことも聞けるということです。このことは、理想の結婚により近い相手に会えるということを意味していますので、結婚で失敗をしてしまったと思うことが少なくて済む可能性が高くあります。
上手にデメリットを回避できるような対策を考えて婚活を行なうと、意味のある婚活を行なうことができるようになれるでしょう。


check


訪問マッサージ フランチャイズ



Last update:2019/6/25