10.再婚婚活

一度結婚に失敗したとしても、やはり一生一人というのはいやだし、老後を共に過ごしてくれるパートナーが欲しいと思うのは自然の流れの中のことです。しかし、いくらバツ1やバツ2が普通に受け入れられる時代になったとはいっても、再婚というのは結婚において大きなポイントとなることは間違いのないことです。ですから、再婚したいと思い始めたのなら、やはり婚活が必要になってくるのです。
一度結婚してもまた結婚したいと思える様になったら婚活を始めてみると、思いのほか相手がいるということに気付くと思います。ですから、再婚だからといって婚活をあきらめる必要はありません。まずは行動を起こしてみるということが重要です。
とはいえ、再婚の方が行なう婚活では、初婚の方の婚活とは異なる点があるというのは事実です。再婚の方が行なう婚活で、最も重要となることが、いかに誠実で正直に自分の状況を話すことができるかといいうことです。例えば、子どもがいることを隠したり、子どもの数を正確に教えなかったりということもありますし、以前の結婚生活が破たんするに至った理由を正直に話さないということもあります。また、以前の結婚がうまくいかなかった理由を相手のせいにして、自分には非がないという話し方をするということも、誠実とは言い難いでしょう。もし誠実さに欠ける婚活を行なっていると、いくら結婚をしたとしても、どこかでほころびが生じてくる可能性が高くなります。不審なお金の出入りや前回の離婚理由と同じような態度をとるなどです。婚活をしていくうえでは、相手となる異性も再婚の理由を考慮しながら、一緒に結婚生活を築いていけるかどうかということを検討します。ですから、どんなに自分に非があるような離婚だったとしても、そのことについて冷静に、客観的に話せるようになっておくということが重要です。
最近の婚活のブームによって、結婚と離婚が簡単に繰り返せるようになっているというのは事実です。以前は、新婚旅行から帰ってきた成田空港で離婚をするという「成田離婚」ということがありましたが、今では、結婚式を終えた式場で離婚をするという「式場離婚」という言葉が作られているほどです。ですから、婚活のブームによって結婚を焦った結果、離婚も増えてしまいました。このような短期間の結婚生活であったとしても、離婚は離婚です。次に行う婚活では、再婚者として扱われるようになりますから、この場合でも離婚に至った理由について、よく振り返っておくことが必要となるでしょう。
再婚者の婚活でもう一つ重要となるのが、子どもの存在です。以前は離婚をするとほぼ100%、母方である女性が子どもを養育していました。しかし現在では、子煩悩な父親が増加したことと、母親の経済力が不安定な状況にあるという理由から、父親が子どもの養育をしているというケースも増えてきています。ですから、男性であっても女性であっても、再婚の方が婚活をしているときには、子どもの養育をしているという可能性があります。子どもを育てながら婚活をしている場合には、子どもが婚活についてどのように理解をしているのか、よく把握しておくことは重要です。婚活によって縁のある人に巡り合えたとしても、子どもの反対にあってしまったらそれは破談になります。もちろん、再婚の方と婚活によって結婚をすることになった方にとっても、子どもの存在は重要です。仲良く生活していくことができるのか、どんなスタンスで子どもと接していくことができるかということは、事前に大人同士でよく話し合っておく必要があるでしょう。

再婚者の方の婚活でも、需要はありますので、決して難しいということはありません。ぜひ誠実に積極的に、婚活をされていくことをお勧めします。


Favorite


八王子 工務店



最終更新日:2019/6/25